忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
catdogcatちhotmail.co.jp (ちを@に変えてね) なんかあったら気軽にメールください^^
リンク
↓↓参加してるんで↓↓
↑↑クリックお願いします↑↑
最新コメント
[11/28 ちゃぼ]
[11/18 かわ]
[03/08 ちゃぼ]
[03/02 S・920]
[02/04 ちゃぼ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
    ちゃぼ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/22
職業:
大学生
趣味:
アニマルプラネット観賞。 読書。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
ぐだぐだな日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達の家でブログを更新するという

強硬策に打って出てみましたちゃぼです。

みんな寝ちゃったんだもん(´・ω・`)

ちなみに、さっき、寝ている友達の鼻をつまんだら

本気で怒られてしまいました(´・ω・`)

みんなも寝てる人の鼻とかつままないように気をつけてください。

怒られますよ!

でも、僕(私)、怒られたいの!!ハァハァ

とかいうMっぽい人は

是非寝ている友達の鼻をつまんでみてください(´ー`*)

ものすごく蔑まされた目で睨まれた後に

今までに聞いたことのないような罵声を浴びることができます(´ー`*)

これはMにはたまらん快感ですな(´ー`*) ww

今回は物語が書きくなったので物語っぽいものを書いてみました。

時間が時間なので、意外とセンチな気持ちになっちゃって。

割とありきたりな、真面目っぽい感じのものを書いてしまいました。

いかんせん語彙力は中学生並み(以下かも)

なのでそれをごまかすために

中学生の卒業文集風に書いてみました。

もう、なんかいろいろとめちゃめちゃな感じに仕立ててみましたwww

それでも読んでみたいという勇者は、どうぞ。



『僕のおばぁちゃん。』

                3年1組19番 ちゃぼ

小さい頃、公園に行くと、決まって僕はどこかを怪我して帰ってきた。

『おいで、絆創膏貼ってあげるから。』

そう言っておばぁちゃんは僕の頭をなでながら言うんだ。

『男の子でも、泣きたいぐらい痛いときには泣いたっていいのよ。』

僕はおばぁちゃんの前ではよく泣いた。

おばぁちゃんはいつだって僕に優しかった。

小学校のテストの点数が悪かったときも

友達とケンカしたときも

お父さんに怒られたときも

お母さんにお小遣いを抜きにされたときも

おばぁちゃんはいつだって僕の隣で笑ってくれていた。

僕はそんな太陽みたいなおばぁちゃんのことが大好きだった。

―おじいちゃんが死んだのは雨の日だった。

僕はその時のことをよく覚えてる。

病院の窓から静かに降り続ける雨を見ていた。

目の前のベッドの上で

おじいちゃんが横になっている。

一見すると、眠っているようだった。

触れてみて、初めて理解できた。

冷たくて、硬かった。

おじいちゃんの温もりが、柔らかさが、なくなっていた。

その冷たさに、硬さに、

僕は生命へのはっきりとした拒絶を感じた。

おじいちゃんは目の前にいるけれど、

目の前にいるのはおじいちゃんではなくなっていた。

そのときに僕ははじめて死を意識した。

おばぁちゃんが隣に座る。

温かくて、柔らかいおばぁちゃんの手が

冷たくて、硬くなったおじいちゃんの手を握る。

いつもと変わらない、優しい笑顔で。

おじいちゃんのことが大好きだったおばぁちゃんは

今、何を想ってるのだろう?

悲しいに決まってる。

なのに、どうして、笑っているのだろう?

『おばぁちゃん。』

『・・・なぁに?』

『おばぁちゃんでも、泣きたいぐらい心が痛い時には泣いたっていいんだよ?』

しばらくして、おばぁちゃんの手に雫が垂れた。

一滴、また一滴。

『・・・あなたも大きくなったわね。』

僕はおばぁちゃんの手を握った。

柔らかくて、温かい。

僕はこの温もりを一生忘れない。

【終】



いつかまた、物語を書きたいと思うようなことがあれば

タイトルは

『神様がつけ忘れた羽を今、君に。

~国仲涼子とちゃぼの奇跡のラブ・ストーリー~』

でいきたいと思います(´ー`*)

全米を泣かせたいと思います(´ー`*)
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No Title
あれ?最後の4行が残念www
2008/12/19(Fri)14:10:49 EDIT | RES
ちゃぼ
No Title
コメントありがとっ☆

mさんへ。
残念とか言わない!!www
国仲涼子との妄想だったらいくらでもできるぜww
2008/12/20(Sat)06:50:19 EDIT | RES
キャノン
無題
目頭が熱くなったのに最後の4行で熱さがどこかへ行きました。笑
2008/12/20(Sat)12:08:58 EDIT | RES
ちゃぼ
No Title
コメントありがとっ☆

キャノンさんへ。
ちょww最後の四行消そうかなww
次回作『神様が付け忘れた羽(以下省略)』
も楽しみにしててくださいww
2008/12/21(Sun)23:38:56 EDIT | RES
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © え?そんな、まさかね。。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]